2015年1月13日火曜日

研修いってきました~

10日から12日まで、東京で行われていた全国フリースクールスタッフ養成研修というのに参加してきました。

フリースクールや不登校支援の団体や
教育を学ぶ学生さんたち、当事者である方たちが集まって、勉強をしてきましたよ。

子どもたちと関わる一スタッフとして
他の地域の方々と交流できたのは非常に刺激的でした。

フリースクールへの国の意識も高まっていて
来年度は国の実態調査も始まるそうです!

学びの多様なあり方ってなんだろう…??
子どもの学習権って何だろう…??

これから日本の教育はどうなっていくのでしょうか。
追いかけていきたいと思います。


また、福祉・教育的な事業に携わってきて思うことがあります。

それは
子どもも大人も関係なく、居場所が必要だ、ということです。
居場所は…安心できること。
エネルギーがチャージできること。
そして、また来よう、もっと居たいと思えること。

この三つなのかな、と思います。
これがないと、何をしても次につながりにくいです。

支援側の態度として必須のスキルとして以下の三つが挙げられますよね。
・受け止める
・傾聴する
・否定しない
フリースクールスタッフ研修に出ていた方々はこの必須スキルが高かったです。
大変勉強になりました。

また支援者のその次の段階として、
・開いていく
・一緒に考える
というのが出てくるんじゃないかと思います。


わたしたちは日本語を使って話をしていますが
意外にも通じないことって多いです。
自分の考えを「開いて」
「一緒に考える」って難しいんですよ。

けれど、これが出来る間柄は、何かしらの「仲間」だと私は思います。

教育と「仲間」って関係ないように見えますけど、
自分でできることはたかだか知れてます。
閉じこもった一人よりも、開いた二人以上でできることは豊かになります。


開くって、閉じてきた人には大変なことのように感じます。

ですが、種から発芽するように
時機を見つけて、いつの間にか殻が破れていくようなことだと思います。

たまにその瞬間を見れる時があって、それはとても得難い経験です。
本人はあまり意識してないときに見受けられるようですよ。


振り返られないとわからないことってたくさんありますよね。
わたしは、今までの反省を活かして、逃げない・抱え込まない一年にしていきます。
あれ、わたしが開く一年になるのかな?

よろしくお願いします。




0 件のコメント:

コメントを投稿

2020年の英語導入前に。

こんにちわ 学習支援のタマです。 最近、都市部では英語を習うお子さんが増えているということでした。 なぜかと言えば、 2020年度から小学校3・4年生に「外国語活動」、5年生・6年生に「英語」が科目として導入されるからですね。 先行実施で、2018年度から取り入れてい...