2014年11月22日土曜日

全国フリースクール大会


東京に出張してます。
今日は、東京シューレ葛飾中学校にて、全国フリースクール大会が開かれるというのでやってきました。
緊急イベントとして、文科省の亀田徹さんを招いて
「どうなる!? 国のフリースクール支援」
が開かれました。
日本全国から、フリースクール、不登校支援関連の様々な団体
保護者、不登校卒業生、教員等が集まっていました。

このイベントでは、国がフリースクール等の支援をするためのチームを文科省内に立ち上げたことを中心に、国の動向とそれに関する意見交換がされました。

もちろん! 中心人物は、葛飾中学校校長であり、東京シューレ代表の奥地圭子さん!!
今日、改めて奥地さんのすごさを実感しました。
去年、上五島まて講演にきていただけたのは、本当にすごいことだったんだな、と思いました。


国は、多様な学びの場を支援するということですが、その財源は明らかになっていません。
必ず、どこかが削られるはずてすよね?
会場でのディスカッションでも、そういった話が出されていました。

日本の教育って、これからどうなっていくんでしょうね。
一人の社会人として、支援者として、しっかり考えてみたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

2020年の英語導入前に。

こんにちわ 学習支援のタマです。 最近、都市部では英語を習うお子さんが増えているということでした。 なぜかと言えば、 2020年度から小学校3・4年生に「外国語活動」、5年生・6年生に「英語」が科目として導入されるからですね。 先行実施で、2018年度から取り入れてい...