2014年10月27日月曜日

長崎県ひきこもりシンポジウム


10月25日(土)長崎県ひきこもりシンポジウムが開催されました。
シンポジストとして呼んでいただきましたので、NPOの取り組みに関して発表してきました。

午前中は、佐藤洋作さんの基調講演。
午後は、3団体の代表がシンポジストとして活動報告をしました。

シンポジウムの会場には、様々な方が来場していたようです。
ひきこもりの家族の方、支援者の方……
そして、シンポジウムが終わったときに私に声をかけてくださった方は、こうおっしゃっていました。
「私、これからカウンセラーを目指して勉強するところなんです!
今日はいいお話が聞けてよかったです!」

50歳代と思われるその方は、目をキラキラさせて、そう言ってくださいました。
うれしかったです。

しっかりとしたポリシーをもったカウンセラーが一人でも増えて、
支援の現場に出てきてくださることを期待しています。


シンポジウムの後、ひきこもり支援団体の連携会議が開かれました。
皆さん10年以上、いえもっと長い間継続した取り組みをされている団体が多く、
頭が下がる思いでした。
立ち位置も、問題意識も、それぞれ違うんでしょうけれど、
どの団体も真剣さが伝わってくる会議となりました。

今後の課題としては、こういった連携会議があちこちで開かれるようになっているけれど、
どういう趣旨で開催されるのか?
会議として練れていく必要があると感じました。

来年が楽しみです。


最後に……
会場に夫と4歳になったばかりの娘がいたのですが。
壇上にいる私に向かって娘が「お母さん、頑張って!」の掛け声。
思わず笑ってしまいそうになりながらも、うれしかったです。





0 件のコメント:

コメントを投稿

2020年の英語導入前に。

こんにちわ 学習支援のタマです。 最近、都市部では英語を習うお子さんが増えているということでした。 なぜかと言えば、 2020年度から小学校3・4年生に「外国語活動」、5年生・6年生に「英語」が科目として導入されるからですね。 先行実施で、2018年度から取り入れてい...